背景ランド入門

進学する?学校選び3つのポイント~その2~


(1)機材の確認
(2)就職先一覧ではなく卒業生の独立性と離職率ないか
(3)講師の伝達力


では前回(1)の続きです。
(2)就職先一覧ではなく卒業生の独立率と離職率

①過去の就職先一覧に関して
まず気になるのは卒業後の就職先が気になると思います。
よくあるのが「この学校から卒業した人はこんな凄い会社いきましたよ」ってやつで
各校毎に卒業生経由のコネがある場合があります。
これは結構重要で、一部の会社と一部の学校においては
強固な繋がりがある場合もあります。
特に卒業生が代表をやってると場合は繋がりが強い事が多いです。もし確認するとすれば、
「あなたのお気に入り企業に毎年就職しているのか」
確認するとよいでしょう。
毎年就職しているならコネがある可能性が高いです。

年ごとにあったりなかったりは、特別コネがあるわけでもない場合が多いので注意した方がよいでしょう。

②有名一流会社は倍率高
よく考えてみてください。
一流企業がリストにある=あなたが入社できる事を
確約しているわけではない。という点は認識すべきです。

というか大手は入学後に頑張ってどうなるものでもない狭き門だったりするのが現実です。
入学した8割は皆同じような有名会社を候補として考えてますから、入学前からビハインドを持った人がトップになるのは正直かなりしんどいです。
その手の会社に入れるのは入学前からそれなりに技術力があるエース候補、それを学校の情報と組み合わせて
自分へ落とし込みができた者がそういうトップ人気の会社に入社する事が多いです。
勿論事前に諦めろという訳ではありません。
入学からターボ全開で講師と切磋琢磨していくレベルでない限りかなり厳しいです。
逆に言うと入学前に技術力だけあっても、上手く学校とかみ合わない人も厳しい場合が多いです。
そして日々作品制作してレベルアップしないといけませんからその手の会社を目指している人はバイトしてる時間もほぼありません。

③重要なのは仕事を楽しめる人材になってるかどうか
ただし、私は一番の問題はそこではないと思ってます。
よく考えてみてください。
卒業後会社に入って過酷な労働環境。
もちろん環境賃金も安い。
好きな作品に携われない。ってどう思いますか?

結局そんな事は会社に入社後でないとわからないですが。
それを確認する数値は「離職率」あたりでしょうか。
はっきり言ってしまえば、
クリエイティブな仕事は何かしら面白みはあります。
結局あなたの価値は賃金の上下にも繋がりますが
仕事上面白ければ賃金の優先順位が下がります。
日本特有の賃金格差だけで人の価値を判断するのも変な話です。夢をもって入学するんだったら、
少なからず社会の壁にぶち当たっても突き抜けれる人材になっているかどうかの方が重要だと思ませんか?

さらに言えば、同じ事を粛々とやってても発展しませんから、いかに独立して起業した人がいるかってのも知れると良いと思います。

折角学校というコミュニティに加わるのですから、活発で刺激的な状況が良いに決まってます。

それが、単に会社に入れました!
でも実はすぐに辞めてしまったんですけどねって、入学者からするとえっ?って話です。

④どこから情報得る?
この手の情報を得るのは少し難しい所でしょうが、
過去3年卒業生の離職率や独立の状況などを知るには
学校見学などで足を運ぶことです。
ただし学校側から情報を得るのではなく、
「卒業生や在学生」(中でも校内情報に詳しい者)から直接ヒアリングするのが一番いいかもしれません。
た入学前からでも仲良くなっておくのは良い事です。

折角学校に高い費用と時間をかけても
結局業界ですぐに辞めてしまう人は多いものです。
それは避けたいところですよね。

大切なのは、あなたが魅力的かつ世の中の新しい価値を作り出せる思考を持てるかってことです。
その土台が整い、あとはあなた自身の頑張りでいかようにもなるってならやりがいがあるってもんですよね。
逆に最悪なのが、あなたの好奇心を減退させる環境となります。

続きは次回で
(3)講師の伝達力に続く >>



進学する?学校選び3つのポイント~その1~


描画動画の第4回目アップしました。
技術的な話はほとんど話しておりませんが、
「学ぶ場所」に関する話をしてますね。



私は若い子においては学校を目指すのは
悪い事ではないと思いますが、
いかんせん、美系は生涯コストから見ると
大きなデメリットとする見方もあります。
それをカバーできるのであれば、
学校への進学は悪い選択ではありません。
正直な所、私自身も数年前の各校の情報を
比較した話はできますが、
残念ながら現在どのような状況かはよくわかりません。

ただ過去に講師として在籍していた事もありますので
今後美術系学校選びをしようとしている方へ
「学校選び方のポイント」お知らせできればと思います。
選ぶ時は以下3点検討されるとよいかもしれません。

(1)機材の確認
 ➡プロセスイノベーションを意識しているか
(2)就職先一覧ではなく卒業生の独立性と離職率
 ➡(無理やり就職させていないか)
(3)講師の伝達力
 ➡(代表作に騙されず。教え育てるのが上手いか。)

(1)機材の確認

①教育に対する考え方の確認ができる

感覚的判断でなく、数値上確認できるので、
これをポイント1にもってきました。
別に技術力向上とは関係ないのでは?
と感じるかもしれませんが、
機材は超最先端ではなくいとしても
最新情報を反映したカリキュラムが組まれているのか
どうかがポイントです。

機材の確認?プロセスイノベーション?って
変な話に感じられるかもしれませんが、
考えてみてください。
「新しい仕事は新しいテクノロジー」か
生まれる事が多いのです。という事は、
いかにその点の感度が高いかという事が重要となります。
そしてその新しい技術から新しい需要
(拡大し増えていく仕事)が生まれやすいのです。
もしその点に目を向けず蓋した状態だと、
どうなるかって想像つきますよね。

そこまでいくと結局個人レベルでないと
対応しにくいっていう話かもしれませんが、
学校という所は情報の集約場所でもあるので
全くその点意識してない学校であれば、
世間の需要と差が生まれて講義に出ているだけで
リスクとなってしまいます。


②日々の生産性確認ができる

また機材は講義の質だけではなく、
あなた自身のパフォーマンス低下に繋がる問題でもあります。
最低限の確認として、PCスペックが明らかに劣っている物は
最新ソフトが正常に動作してくれません。
(そこまで古い機材を使用している学校はさすがに少ないかもしれませんが。。)

また同時に機材だけではなく
ソフトのOSやバージョン確認も重要です。
(動作の安定性からすると必ずしも最新版である必要はありません。)

よくあるパターンとして、学校行くよりも自宅で生産していた方が効率的となると最悪です。
(数年前は使える機材の価格差が大きかった為よくありました。)

スポットで使う機材が多少型落ちで動作が鈍いのは
許されるとしても、メイン作業の機材が処理不足なんて
心労以外の何物でもありません。
機材確認は数値上わかりやすいので、
学校見学行ったときなどに確認しておきましょう。
(機材にうとい人は機材が何年前の物か
確認しましょう。
まぁPCであれば上位機種なら3年内であればまずまず
5年前くらいの機材であれば注意が必要です。
また機材自体が新しかったとしても下位モデルは
注意が必要です。)

機材に詳しい人であれば、なぜその機材をその台数
置いているか考慮することで「学校の教育方針」
を想像することもできるかもしれません。

また注意が必要なのは特別ルーム
(年間使用が1~2回でほとんど講義では使用しない部屋)
だけが最新機材では意味ありません。
常に使用する機材状況の確認が必要です。
ただ美術系やデザイン系は機器導入コストが高いので、
よっぽど他の学部で儲かっていない限り、
超最先端の機材をあまりなく置いてる所は無いと思います。
それは昔も今も大きな状況は変わってないと思います。


③高額機材が必要な分野においてはメリット

逆に言えば、高額機材の使用場所として学校を利用するので
あればメリットありますね。ただその手の高額機材は
先にも述べたように一時的な使用だけしかできない事が多く
全員が気軽に高額機材を使用できる環境であれば、
元手となる学費がそれなりに高額になります。

今の時代若い人はPCを持ってない方もいるようなので、
本当に携帯しか触ったことないってレベルの人は
いいかもしれません。
ただ、そもそもプロになろう、ご飯を食べていこうって
考えがあるにも関わらず、数万円で買える
機材を購入されてないってのもどうかな?とも思います。
1カ月バイトすればそれなりの環境が作れるわけですからね。


④機材依存だけで楽して稼ごうと考えない

結局仕事するって、それなりにストレスかかり
それを跳ね返すことにより、よい仕事ができるのです。
ノンストレスでだらだら作品制作できればって、
そんなんで魅力的な面白い作品作れますか?
という所で、下を見ればキリがありません。

そうなると学校ってなんなの?
ってことになってしまいますが、自分も色々な失敗を
重ねた上で現在に至るって形で、失敗覚悟でまい進するのは
若い子にとっては必要だと思います。

ただリスク回避として、色々な信頼できる所から
情報を取得する環境作りはしっかりと作っていきましょう!
結局、情報元からそれをアウトプットする一連流れで、
生産性を落とす機材があるかどうかということです。


続きは次回で
(2)就職先一覧ではなく卒業の独立性と離職率に続く >>



欲求ステップ

一般論でつまらなかもしれませんが、
学生たちを観察していると、もう少し視野広げられると人生楽しいんじゃないかと
余計な御世話を感じてしまうのですが、
「幸せを感じる」ステップというのがあると思います。

まずは生きていくために
お金がないと生活できませんね。
だからお金を求める人が多いです。
初期ステップとしては金銭面で快楽を感じる人が多いと思います。

次にお金がたまると、それだけに満足できず、
会社や学校で実績や地位を上がって名誉を求めます。

さらに名声が上がることによって、個人ではできなかった
色々な事ができるようになります。



面接について

最近面接官をやることが多く、
誰もが知るトップ企業の部長や課長職の
方と面接することが多くなってきました。

以前はどこぞの末端スタッフなんかが中心で、
自分の業務をふるくらいの人材ばかりと
面接させていただいておりましたが、
やはりそれなりのキャリアを積んでいる方はオーラが違う。

そもそも何が違うかというと、



なりたい自分になる

学生時代は夢が大きいわりに何をして良いのか分からず
不安になる事が多いと思います。

なりたい自分になる為にはどうすればよいでしょうか?
自分が思うに結論としては、理想の形である尊敬できる先輩、
「師匠」をみつける事が大切だと思います。

自分の想像を超えた考えをする師がいれば、
そこへ至る道筋やより時代に合った新しい発想を生み出すことも可能です。
なるべく具体的に「何がポイント」で「どこを意識すれば良いのか」
考えて理想の自分に近づいていきましょう。



感情の制御について

物理の法則があるように、

感情にも法則があるのかもしれません。




世代別の知り合いに関して

世の中の大半は貴方の事を知らないで終わりますね。

さらに貴方が何をしているのか知ってる人はさらに絞られます。



世代間で感じる事

立場上、様々な世代と話せるので

感じるのですが、




学生の恋愛について

先生をやっていた経験上、

上手く学生生活を送っている学生が

一瞬にして「出来ない」学生になってしまう事があります。


何が発端かというと

「恋愛」に目覚めると顕著に

動きが悪くなります。



サイトについて

たまに何でブログ書いているのか

考えるんですね。

無駄にづるづる書くのは嫌だし、

誰も見ちゃいないだろうと思ってます。

目的が無いようだったら終了しようと思ってます。

 

で考えたんです。



10代。20代

まだ十代、まだ二十代。

あなたが若者だとしても、

すぐに年をとり、

最後を迎える事になります。

 

与えられた時間は有限です。

今あなたは楽しめているか?

何かに挑戦しているのか?

 

「今のまま」って事が、

どんな恐ろしい事わかるかい?

 

価値観の違いについて言ってるのではありません。

次の世代に何かを

伝える必要はないですか?



自分の気持ちを相手に伝えるのは

そう簡単な事ではありません。



部下に対しての対応方法

もし部下から不満が出た場合は

とりあえず相手に耳を傾ける事が重要です。

 

互いにやることをちゃんとやっていれば、

ほとんどの場合、「視点の違い」からすれ違いが生じます。

その視点を合わすようにします。

 



思い通りの仕事に就けない

仕事をする上で、

いくら高い志もっていても、

思い通りの仕事に巡り合える事なんて、

ほとんどありません。


 



想像力豊かな人は楽しく仕事しすぎない!!

絵を描く時

想像しながら描ける人と

そうではない人に分かれます。


想像しながら描ける人って言うのは

特に資料を見なくても絵を描く事ができます。

心の映像を具現化できるんです。


絵を描く人って元々細かい事をするのが

好きな人が多いから

人を描くなら髪の毛一本

建物を描くならレンガ一つ

など細かい部分を気が済むまで感覚で描くのが

本当に楽しかったりします。


楽しいと仕事にならないんですね。

大体仕事となると、スケジュールだとか

作品全体のイメージを大切にしながら

モノを作っていかなきゃいけないから

その細かい部分や普通の人には

伝わらないだろう部分に対して

拘ってられなくなります。

何故なら1秒1秒に費用がかかってるからです。

自分こだわり=楽しい部分を捨てなきゃいけません。


全体統率取るのが好きだったり

上手く仕切るのが好きな人もいますが、

クリエイターの多くは

細かいモノを作るのが好きな人が多いです。


自分も作業に集中して絵を描いてしまうと

楽しく描いてしまって

全体のバランスとらずに終了してしまう事が

あったりするのですが、

仕事という観点で見るとある程度

距離を離して絵を描いていかなきゃいけません。


その距離を開けすぎると仕事する

喜びがなくなってしまいます。

そうなるとアウトですね。



「経験」積むと・・

今までやってきた仕事、

頑張って結果を出したプロジェクト

人それぞれ色んな事やってきていると

思いますが、そういう「経験」が

邪魔になってしまう事も多いです。


判断軸が多いとどうしても

明確な決断がし難くなってしまいます。

なるべくシンプルに

「感覚」で決定する事


経験の少ない

根拠のない感性は

まったく役に立ちませんが、


沢山の苦労を積み重ねた経験を元にした

「感覚」はすべてを多いつくす武器になると思います。


理論的な「数値」や「過去分析」以上の

最高の判断はそこにしかないと思います。


ただ経験のない感覚ほど厄介なモノはないので、

それなら素直に数値分析するほうがよっぽど

結果を出せます。


複雑に考えず、シンプルに

「今」の感覚を磨くんです。



背景の描き方について~その2~

前回本の話を書きましたが、、

元々このサイトを立ち上げた経緯が

大して絵の経験がない人でも

あまり世の中に情報のない

「背景画の描き方を知りたい人」

「描き方の基本」「楽しさ」を伝えられれば

という視点でOPENしました。

 

ただ現在背景ランド内ではテキスト販売してません。



理想の形

これから計画を立てる際

まず「現実」を見てしまう人がいる。

だがこれからの計画を立てる時は

まず「理想」から入るべきだ。

 

こうしたい、こうなりたい

そこから話を進めないと、どんどん

目標が狭まってしまう。



背景ランド的独立のススメ

私事ですが、半年間続けていたプロジェクトが

ようやく今週で終了する見通しがつきました。

○○○○万の自分的には一番大きなプロジェクトの

リーダーさせて頂いたので、正直ほとんど休み無し

って言うのは精神衛生上望ましくありませんでしたが

ラストスパートでゴールが見えてきた

今が一番うれしい時かもしれません。

 

さて、早速ですが、

私は絵を上手く描けば何でもOKという人は嫌いです。

そりゃ中学生や高校生が漫画上手く描きたいと

夢持って絵を練習するのは否定しませんが、

二十歳を過ぎたら、ある程度の社会性を身につけるべきです。

(自分が言うなという方も多いのは知ってます。そんな人はこのサイト見てないか・・。)

 

 



転職について

自分が担当させてもらった

学生も卒業から数年経ち、

パラパラと業界を去る人が

目立ちはじめています。

 

別に仕事変えるのは悪い事じゃないから、

先生としては失格だけど、

高卒の学生なんかには

早く業界から出て新しい事に

チャレンジするよう言ってきました。



単純に世の中は広く楽しい。

本当に何が起こるかはわからない。



明日オリオン座のベテルギウスが大爆発して

大停電が起こってライフライン途切れてしまうかもしれません(笑)


何が起こるかは誰にもわからないから、

何事も大したことはない。



仕事を変えるのも大した事ではない。

単純に新しいチャンスと巡り会える可能性が広まっただけ。



あなたの考えるより、

あなたは沢山の事ができる。

それに気づいていない。

それに気がつくには色々な経験しないとダメだ。

自分が当たり前だと思い込んでいる事は

視点を変えるだけで、滑稽なモノになる。

 

動くにはエネルギーが必要。

じゃんじゃん鍛えてエネルギー

生み出していこうじゃありませんか!

 

迷ってる事があったら相談しに来なさい。

吉野家で牛丼おごってあげるから。

さらに迷いの森へといざなってあげます。

吉牛嫌なら、オシャレにすき家でよろしく(笑)



価値基準について

本当に価値のあるモノは

他者が手を出さなかった事にチャレンジした時だけ。

それで自分の血となり周りも活性化する。



他人に分けてもらうご馳走より、

自分で苦労して得た粗末な食事の方が、百倍旨い。



私の幸せ日記~その71~

いい学校を出て一流会社に就職する。

我々が子供の頃から求めていた理想像だが、

その理想像は崩れ「新たな文化を作る事」が

本当の成功者と言えるようになった。

 



これからの選択

新入学、新社会人

何かと選択する事の多い時期かもしれない。

そんな時にオススメなドラえもんが

のび太に言った名言を一つ。

 



新入学生

新入学、進級から2週間ほど経ち

そろそろ憂鬱になる人も多いと思います。

 

確かに今の学校っていう場所は

純粋に学問を学ぶっていう

環境じゃないかもしれないけど、

学ぶって事は受動的で面白くないイメージではなく、

「本来エキサイティングでワクワクする事」

なんだから面白くないって人は

面白い流れに持ってかなきゃもったいないよね。

 

単純に好きな人がいたらその人の事

色々知りたいと思うでしょ。

対象が何であれ、そういう事ですよ。



私の幸せ日記~その20~

「新しい事をする」と聞くと、

今やってる事をぶっちぎって、

全く違う事するイメージを

する人が多いと思います。

 



ヒラメキ考え方2

TVの話はあまりしたくないですが、
偶然食事している時耳にしました。

ツタヤ社長が「企画/実行」
の話してました。

~・~・~・~・~・~・~・~・
新しい物っていうのは



年末さえないって

年末になると
世の中がきらびやかになり、
自身が上手くいってないと、
さらにへこむ季節かもしれません。

「成功してる人」
「まだ成功してない人」といますが、

「成功しない人」は、



ヒラメキ考え方

「楽しい事が基準で動いてる」って

言われました。

実際そうなんですけどね。

人から言われちゃうと微妙です。

idea_map_image.jpg



絵を描くことが好きなら描けばいい

小中学生向けの話になります。

義務教育中は絵の
上手い下手は意識しないでいいと思います。
まずは「デッサン」っていうのは
お決まりの言葉ですが、
小中学生は落書きを楽しんでるのが一番いい。

なぜならそこに自分の本当のスタイル
眠っていることが多い。

しいて言うなら
小中学生ならとにかく好きな絵を
沢山書くことが良いと思います。


先日出版された書籍でも記述させてもらいました事ですが、
絵を描くってことは見た物をスケッチし、
デッサンすることも大切ですが、
その他の練習方法としては
頭の中の想像した物を実際紙に
起こしてみる練習をするとよい

ただしこの練習をおこなう際注意すべき点が
一点あります。

最初は簡単な図形でも良いし
幾何学模様でもかまわない。
「想像」→「描画」
これに慣れると想像力のキャパが広がります。
またそれを描くことで鉛筆のタッチが柔らかくなる。

想像力の器を広げる事と
タッチの柔軟性を持たせる必要性は
これは講師をやっていた時に
つくづく感じました。
これはやればやるだけ力になります。

取り合えず一本線から描き始めましょう!!



小学生

小学生からお便り頂きました。
本を出版した影響でしょうか?

このサイトを見る人は「卒業生」
「運悪くネットの闇にはまり込んだ暇人」
くらいなもんかと思っておりましたが、



手放すと手に入る

何事にも対しても
固執しすぎるとよい結果が
得られなくなります。

絵を描く際も同様で、
集中しすぎると
足元をすくわれます。

特に商業作品として絵を描く際の
心構えとして
「一生懸命適当」に作業するのが
一番いいです。



将来仕事で困らない為に

絵を描く仕事を目指す人が
注意すべきは
自分が携わる仕事全体のシステムです。

それは何を示すかというと
絵を描き始める人にとって最初の障害になるのが
自身の感性や感覚を強く押し出しすぎてしまうことです。

自分も含め絵描きはすべてわがままです。
また、わがままでないと絵を描いてても
面白い作品は作れません。

仕事をすると他者と共同作品を作る事になりますので、
自然と自分自身のトゲトゲを削られたり、洗練させたり
できます。

現在あなたが共同作業する上で
「仲間内で上手くいかない」「自分だけ損をしている」
といったネガティブな感情もっているのだとしたら
自信の感性や感覚を見直すべきだと思います。

周囲の人が自分の事を嫌がったり、
好きな人から避けられる時は
自分のトゲトゲをカスタムしなければいけません。

単純に削るだけではなく更に研ぎ澄ます事も
できますが最初は難しい。
洗練されたトゲトゲは見ていて美しく、
最終的に仕事も上手く回り自身の生活も潤います。

もしこの文章を読んでいる人が若い方であるなら
絵だけ描いてれば良いわけではなく
経済や会計等のお金の流れを学ぶのも良いと思います。

仕事は自動的に降ってくるものではありません。
現場にいるとついつい
「時間内に上手く描いてればいーんでしょ。」
と感じてしまいます。確かにそうなんですが、
そうじゃないんです。

ただこれから「絵を上手くなりたい!!」
っていう人に向かって電卓叩く練習
させてもしょうがないんで、
まだ業界に入ってない人は
絵を上手く描くことはもちろんの事
自分の可能性を広げる方法
を考えるべきです。

単純に考えてみれば分るはずです。
未来が尻すぼみで「暗さしか
感じられない人」は面白くありません。



進路や将来など・・

このような仕事をしていると、
「今後の進路」「将来の方向性」に迷いを持っている人
からの連絡や相談がかなりきます。

その人の現状や生活環境によって
「絵を描きたいんだけど、どうすれば良いのか?」
「仕事をやめて背景画を描きたいのだけれど今後が心配。」
という人が多いので、自分なりに記述させて頂きます。

上記質問に答えるとしたら
「やりたいならやる。やりたくないならやらない。」
単純にそれだけです。

細かい部分から複雑に考えると、答えが見つからなくなります。
「家庭環境やお金の事を考えるとやりたいことができない。」
とか「自分は絵がかけないから心配」という人もいますが、
私自身もすべての問題がクリアになった事はなく、
大小問題はいつでもつきまといます。
また関係ないかもしれませんが、
自分の絵が上手に描けているなんて思ったことはないです。

砂金でも探すかのごとく
「できない理由を探しだしたらキリがありません。」
いつまでたっても何も変わりません。

「今日できる事をやる」
誰だってできるのはそれだけです。

目標に向かう過程で迷ったり、
方向転換せざるをえない事に恐怖感を持ってはいけません。
予定通りに進めないのが当たり前なんです。

問題にぶつかった時に下を向かず、「どうやって失敗を楽しむか」
若いうちの失敗は立て直せます。何でも心配をするのではなく
なんでも良い方に考えれば失敗も成功に変えられるのです。

「だって~」「でも~」と問題だけを見つける後ろ向きのエネルギーを
前向きに前進し、後々後悔して他人のせいにするのではなく、
できなかった自身の課題とするのです。
そうでないと年齢を重ねるだけ問題や嫌な部分だけが膨らみます。
自分の道を狭めるのではなく、
自身の可能性を広げていかなくてはいけないと思います。

自分にも言えることですが、成功は失敗です。
失敗が成功と思えるようなら成功なのです。
「私は他の人に迷惑をかけていない」と感じるのではなく
「自分が何故いかされていると」感じるべきだと思います。



 TOPPAGEIndex TOPPageTop