分杭峠 (長野県)ゼロ磁場スポットzero magnetic field

世界有数のゼロ磁場スポット分杭峠の紹介です!



有名な気功師「張志祥氏」により、このゼロ磁場が発見されました。
ゼロ磁場スポットは「人が幸せになれる場所」と語られていますが
中国湖北省蓮花山のゼロ磁場を発見したのと同じくらいの発見と言われています。

私も現地に行き周囲の人の様子を見ていました。
磁場「気」に関する感じ方は人それぞれでしたが
少なくとも確かに方位磁石は不安定な動きを目視する事ができます。

また近くで流れる「ゼロ磁場水」もいただくことができます。
他のサイトで古い情報で行き方などがあいまいで分かりにくい所もありましたので
最新の情報をお届けできればと思います。


「分杭峠への行き方」
bungui_map.jpg
行く前にわかりにくかったのですが、
車で行く場合北側の361号線から行く必要があります。
国道152号線沿いに「ふもと粟沢駐車場」があります。
駐車場までくればシャトルバスが定期的に運行しています。

20170521_142035.jpg

私の行った日は日曜で東京から7時に出発して
到着が11時過ぎぐらいでしたが、駐車場は半分くらい空いてました。
駐車場(無料)は100台くらい入るらしいです。

20170521_141904.jpg


シャトルバス
一人650円(往復)です。
日曜はタイミングによっては、一台待つ必要があるかもしれません。
一台待つと30分くらいかかることがありますが
トイレや売店などありますので時間はそこそこつぶせます。

20170521_142055.jpg

日ごろから歩いている健脚な方はス移動ではなく「歩いていけないかな?」という距離ですが、結論から言うと行けます。
ただし道幅が狭くバスや一般車も走るので注意しなければなりません。
分杭峠までの道自体は舗装整備されておりますので歩くのには問題なさそうです。し勾配もありますので、シャトルバス乗り場から分杭峠まで1時間くらいはかかると思います。


「分杭峠」

バスで15分くらいで到着します。入場料300円がかかるようです。

OI000162.jpg


「気場」
メインの「気場」までは歩いて数分です。
少し足場が悪く歩きにくいので足の悪い方は注意しましょう。

OI000176.jpg

座る場所は限られているので、ツアー客などが一斉に来るタイミングはかなり状況悪くなります。座る場所が狭くなるだけならまだしも、大きな声でおしゃべりしたり、気」に対して否定的な会話をするので、居心地が悪くなります。また蜂やハエなど虫が多いので、気になる方は長袖、長ズボン、帽子やマスクなどは着用た方がよいかもしれません。


「水汲み場」
水汲み場までは、10分くらいです。
自分が行ったときは晴天でしたが、雨が降ると土砂崩れの危険もありそうです。が降った時などは行かない方が安全だと思います。
20170521_124958.jpg


気象条件にもよりますが、水は3か所からちょろちょろと流れていますので、だいたい1リットルで2~3分くらいでしょうか10リットル以上の持ち帰りはバス料金が二人分かかるようです。


一通りやって2時間くらいでしょうか。
帰るときはャトルバスの待合い場所で待っていれば、
長くても30分もまっていればバスがきます。
シャトルバス発着場にはそれぞれお手洗いがあるので
そこら辺の心配されている方は比較的安心していけます。

OI000191.jpg


ゴミなどは持ち帰り、自然環境壊さないように注意しましょう。

 TOPPAGEIndex TOPPageTop