書評005 「30代」でやっておきたいこと

聴きながら読む画期的サービス
amazonオーディオブック「オーディブル」
で聴ける書籍の紹介です。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
「30代」でやっておきたいこと
川北 義則(著)
 
時間03:57
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
書籍を見る
1.書籍イメージ
先日誕生日を迎えたこともあり、
30代でやり残したことないかな?
と気になり、読むことにしました。
 
-------------------------------
 
2.内容
感を磨き、理論をつける。
現在のような変化の激しい時代は対応力が必要となる。
五感を働かすことそうすると理性や知性が長い時間かけて処理することを一瞬で処理することができる。

最近は大企業でも芸術系の採用が増えてきている。
美大生、音大生が銀行なんて合わないような気がするが、
現実は偏差値だけではなく、ひとつのことをとことんできる人間が望まれている。
何かを一点集中できることは仕事に役立たないはずがない。

ネットで情報検索により情報はすぐに集まるが、
そこから要りそうなものと要らなさそうなものを選別しなければならない。

メモの取り方が重要。
人の人生を左右するものは知恵ではなく運である。
運を切り開くのが勤勉とか忍耐力。
運にかかかわることで一番重要なのが、
人を見る目。
 
などなど詳しくは書籍を御視聴下さい。
-------------------------------
 
3.読んでの感想
☆少なめな上、1円で売られていますが
期待を良い意味で裏切って楽しく聴けました。
冒頭はこの手の書籍でよくある「やってみなくちゃわからない!」
みたいな話で最後まで終了するかと思いましたが、
しっかりと現在の三十代をターゲットにした内容になっているように感じました。
確かに強気で言い切っている部分があり、読者を選んでしまうかも知れませんが
個人的には言っていること自体はおかしなところはなく、
途中で聴きやめることなく楽しく聴了しました。
 
 
-------------------------------
 
-------------------------------
 
4.目次
  
 
※ながら聞きをしているので、一部記述内容と異なった解釈があるかもしれませんが、ご了承くださいませ。
 
 
背景ランドはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 TOPPAGEIndex TOPPageTop