3Dプリンターで出力 第二回「何を作るか考える」

今回の話は3Dプリンタって面白そうだけど、
何を作ろうか迷っている。という人のための内容です。

考え込んでもなかなか作りたいものは思い浮かばないので、
日頃過ごしている中で少し「いいな」と思うものを
なるべくシンプルな形で作るのが良いと思います。

制作で最も注意しなければならないのが、
「制作途中で飽きて何も完成しまう事」
物作りが全て思い通りに進む事なんてあまりありません。
失敗する不安や上手くいかずに焦ってしまい
途中で飽きてしまい挫折するという流れが一番よくありません。
的確に一つ一つステップ踏んでいってモデルを完成させて方がよいです。

今回自分の目標としては以下をあげます。

1.分かりやすくシンプルな物を作る。
2.ソフトの使いにくい部分を皆様にお伝えし共有する。
3.自分がワクワクする物を作る。

以上の3点を達成するべく制作にあたりました。

metaseko_img.JPG

実際モデルをつくるにあたって、前置きを入れさせて頂きますと
私自身、会社で3Dソフトを使用していたとはいえ
はっきり言って、初心者とほぼ変わりない「素人」と
思って頂いた方が助かります。

記述内容も入門者目線での記述となるとから
その手のマニアの方には内容乏しく感じると思いますので
あらかじめご了承ください。

まず何を作るかって所ですが、
やっぱり今までの経験を生かしてシンプルな小屋を作ることにした。
というのも、かっこいい建物やこだわりの建築物を作ってしまうと
修正や調整に時間がかかり、達成目標1が成し遂げられなくなる。
まず3D出力までの一連の流れを把握するために小屋を作ることにしました。

ただし、あまりにも世の中にありそうな模型小屋を作ると
作っているとワクワクしないので、
世の中になさそうな物を作りたいと思いました。
世の中になさそうとは、簡単に考えると
「綺麗で美しい建物=みんなが作りたがる」>「醜く汚い建物=みんな気に留めない」
という形は容易に考えられるからとりあえず
みんなが「いらない!」と感じてくれるような
「ボロ小屋」を作ろうという結論に至った。

ボロを追求することで面白さを感じながら
「ボロ小屋」をなるべく短時間で作ることにしました。


 

<<関連記事>>

第一回「楽しむためのソフト選び」

第二回「何を作るか考える」

第三回「メタセコイア インストール」

第四回「メタセコモデリング基本操作」

第五回「メタセコ テクスチャ貼り基本操作」 

第六回「メタセコ3Dプリント出力問題」 

第七回「3Dプリント出力業者比較」

第八回「DMM.COM商品到着チェック」 

第九回「i.materialise商品到着チェック」

第十回「3Dプリント完成」 

第十一回「3Dモデルの使い方を考える」

第十二回「3Dモデル動画をつくる」 

 TOPPAGEIndex TOPPageTop