3Dプリンターで出力 第一回「楽しむためのソフト選び」

3Dプリントを楽しむにあたり、
まずは「モデリングソフト」がないと対象を作れません。

私は会社でMAYAを使っていましたが、
価格も高く機能も豊富な為、入門者には敷居の高いソフトだと考えています。
まずはエントリーでも扱いやすく、安価なソフトを探すことにしました。
とりあえず除外ソフトとして高額な以下3つは対象外で考えました
「MAYA、softimage、3dsMAX」
数か月かけて、入門者でもとっつきやすく
しっかりと出力までいけそうなソフトを色々試してみました。
結果は以下の通りです。

Shade(総合)
3Dプリンタ オススメ度★★★★☆
Basic/Standard/Professionalの3グレードあり、
Basicは1万円以下で購入できる。
入門者にも人気のソフトの為、書籍や情報も多いが、
真面目に慣れようとしたが、どうも操作感が独特で使いにくい。
また自由曲面をしようしているため、データ共有に難がある。
優れた機能としては「3Dプリントアシスト」機能があり、
一瞬でチェック。修正してくれる便利機能がある。
この機能だけでも購入する価値はある。


SketchUp(モデリング/アニメーション)
3Dプリンタ オススメ度★★★★☆

以前はGoogleから提供されていたソフトで、
動作が軽く、対象のモデルをプッシュ/プルで感覚的に
押し引きするだけなので入門者にもモデリングしやすい。
またgoogleがギャラリーを作っているので、
さまざまなオブジェクトを共有することができます。
ただし、独特のskp形式で、作られるため、
obj出力して、他のソフトで開くとエラーが出やすい気がする。
フリーと有料版があり、3Dプリンタでよく使用するSTL形式出力は
有料版で標準装備、フリー版ではプラグインで対応している。


123D Deshign(モデリング)
3Dプリンタ オススメ度★★★☆☆
DMMの3Dプリンタ出力のサイトでも紹介されており、
簡単なモデリングソフトなので使いやすい。
単純なモデリングなら使いやすいが今後の展開を考えると
少し物足りない気がするソフト


Metasequoia(モデリング)
3Dプリンタ オススメ度★★★★★

日本でプロ/アマともに人気のあるポリゴンモデラー。
無料で使える上に、大抵のものはモデリングできると思います。
使用感も使いやすくLightwaveに似た感覚で作業ができます。
フリーでも使用できますが、ちゃんと使おうとすると
Standard版5400円を購入すると使いやすくなります。
入門者にもシンプルで使いやすいUIなのでオススメです。


ZBrush(ズィーブラシ)
3Dプリンタ オススメ度☆☆☆☆☆
ペイントする感覚でモデリングが行えるソフトウェア。
以前少しだけ触ったことがあるが、最新バージョンは触れていないので
何ともいえません。以下に紹介するスカルプトリス同様
大きなモデルを作った後の仕上げとして使える気がします。
購入先は2つありますが連絡して価格を聞いた所
若干の価格差はあるります。だいたい10万ほどで購入できます。


Sculptris(スカルプトリス)
3Dプリンタ オススメ度★★★☆☆

粘土細工のようにモデリング可能。
無料で使用できるので試しに一回使ってみると使用感がわかります。


Blender(総合)
3Dプリンタ オススメ度★★★★★

プラグインが豊富で多機能。海外で人気のソフト。
今回は3Dプリント出力を標的としているため
無駄な機能は邪魔になると考え対象から外す。


色々試した結果・・
今回の目標となる3Dプリントを
動作も軽い「メタセコイア」を入門者厳選
オススメソフトとして使っていきたいと思います。


 

<<関連記事>>

第一回「楽しむためのソフト選び」

第二回「何を作るか考える」

第三回「メタセコイア インストール」

第四回「メタセコモデリング基本操作」

第五回「メタセコ テクスチャ貼り基本操作」 

第六回「メタセコ3Dプリント出力問題」 

第七回「3Dプリント出力業者比較」

第八回「DMM.COM商品到着チェック」 

第九回「i.materialise商品到着チェック」

第十回「3Dプリント完成」 

第十一回「3Dモデルの使い方を考える」

第十二回「3Dモデル動画をつくる」 

 TOPPAGEIndex TOPPageTop