面接について

最近面接官をやることが多く、
誰もが知るトップ企業の部長や課長職の
方と面接することが多くなってきました。

以前はどこぞの末端スタッフなんかが中心で、
自分の業務をふるくらいの人材ばかりと
面接させていただいておりましたが、
やはりそれなりのキャリアを積んでいる方はオーラが違う。

そもそも何が違うかというと、

キャリアを積んで実績を出している人は
「自分の立ち位置を理解している」
だから自分が何ができて、何を会社に求めらているか
こちらの質問にも即座に応答する。

逆にキャリアを積んでいない人は、
何を求められているかを認識できていないばかりか、
自分が何をしたいのかも分からない人が多い。

「自分の立ち位置くらい誰でも理解できている」と思われるかもしれませんが
意外と明確に回答するのは難しい。

勿論役職で判断するのは良くないと思いますが、
おそらく課長以上でないと、モヤっとした回答になったり、
素直に表現できないんじゃかと思います。
なぜ課長職以上といったというと、人の上に立ってるからです。
自分が思うだけでなく、部下を携えて組織を取り仕切った経験の
ある人でないと、物事を俯瞰でみるのは難しいのです。

では、そうでない人はどうするかっていうと
人を観察して良い人悪い人に関する情報を収集するとよいでしょう。
そこで判断材料を蓄えてよりベターな返答できると
あなたの立ち位置の輪郭が見えてくるようになります。

すると採用する方もこの人使える使えないの判断しやすくなります。
なんとなく会社に入りたいとかだと苦戦してしまうかもしれませんね。
就活者は頑張って下さい!

 TOPPAGEIndex TOPPageTop