電動バイク 比較購入に向かって電池を考える

今のところ自分の移動手段はもっぱら
自転車のロードバイクなので、
最近より手軽に移動ができる
「電動バイク」を探していた。
自分が探していたバイクは
二人乗り「電動二種」のバイクを探していまたしが、

実際に二人乗りの電動バイクを
探してみると、あまり種類がない。

少ない種類の中から探してみて、
まず気になる「価格面」からすると
一人乗り「電動一種」のバイクは十万を切る
価格帯の商品も発売されているが、
二人乗り「電動二種」は大体
三十万円~の価格帯が相場となっていた。

電動バイクを選ぶ基準としては、走行距離に直結する
「電池」が最も重要と感じ、選んでみた。
電池は大きく三種類あります。
1鉛バッテリー
2シリコンバッテリー(鉛バッテリーの改良版)
3リチウムイオンバッテリー
の三タイプ

電池の性能と価格が比例するため、
安いものに手をだし、
結果ランニングコストが
かかるのだけは勘弁と感じていました。
それと充電時間も同様に異なる。
鉛だと7時間リチウムイオンだと3時間と
違いがあるので、リチウムイオン電池で
電動二種を択ぶとほぼ選択枠がしぼられてしまった。

そして、色々情報を探していたが、
最終的に電動バイクのインプレ情報が少ないので、
自分が生け贄になって情報発信することに決めました。

<関連記事>
1.電動バイク 比較購入に向かって 電池を考える
2.電動バイク 種類 価格 比較
3.電動バイク Scootech SZ552M購入まで
4.電動バイク問題点 Scootech SZ552M
 TOPPAGEIndex TOPPageTop