背景美術の仕事に就こうか迷っているという人

別に誰がどのような仕事に就こうが
その人の自由です。

自分も一時期背景の会社に
お世話になった時もありましたが、
皆さんが気になるのは、
自分自身がその職業に合っているか
そうでないかということですね。

はっきり言って、その人に会ってみないと
合っているか合っていないかは
判断出来ません。

単純に絵が好きで・・
という人が向いてると感じるかも
しれませんが、
決してそうではありません。
思い通りの作品に携われず、
思ったようなクオリティーまで
持っていく時間がなく、
消化不良で作品を納品する
なんて事もざらです。
会社が円滑に回るように
仕事として考えなければなりません。

そして、あなたがもし年齢が若く
他業種と迷っているのであれば、
他業種に就いた後に、
どうしてもこの業界に就きたいという形で
就いた方が良いと思います。
なぜなら、この業界は比較的門戸が広く
いつでも入ることができます。

今絵が描けないという人も、
結局はまじめに絵に専念していないだけです。
よくあるパターンが自己流で絵を描き続けて、
いつまでたっても絵が上達しない。
というパターンです。

絵は描ける人と同じ環境で描き続けると
自然にかけるようになります。
だから、もし自分が絵が描けないという人も
そんなに気にする必要はありません。
しっかりとした先生につければ、
必ず絵は上手くなります。

それは自分が証明しています。
もともと高校まで何も絵を描いていなかったのですが、
肝を据えて描いていくことで、
次第に人並みに描けるようになりました。
特殊な事はしてません。

その職業に向かって本気で
学んでいこうとしているか
そうでないかの違いです。
だから描けないという人は、
描けないのではなく、描く気がないのです。

ただし、学ぶ先生や書籍が良くないと、
伸びも滞ってしまう場合がありますが、
本気で学んでいくといろんな知識が入り、
先生の言っていることが間違っているか、
間違っていないかという判断がつくようになります。

そして勘違いしてはならないことがあります。
描き方や表現方法は人それぞれなので、
この先生は学んでもしょうがないなと
感じることがありますが、先生がプロで
やっている以上必ず見習うところがあります。
自分の殻に閉じこもっていてはいけません。

とかくこの業界の学生は
自分の殻に閉じこもりがちですので、
自身の価値観を広げるのは今後の人生に
大きく役に立ちます。

というのも絵だけが上手くなろうと考えていくと
どこかで「ひずみ」がでてきます。
「仕事」や「お金」や「恋愛」等の人間関係において
すべてのバランスがそろってこそ良い仕事ができるのです。

「自分が好きだからやる」
「嫌いな事は関係ない」という
狭い価値観では「新しい発見」や
楽しみを共有できなくなってしまうのです。

少し極端な話に聞こえるかもしれませんが、
あなたは何の為に生きていますか?
アニメが好きというのはわかりますが、
「良い作品」や「お金」「友達」「恋人」「家族」
すべてのバランスが整って生きていくのが
あなたの目指すところではないでしょうか。
生きていくには楽しくなければなりません。
また楽しい感情を表現しようとするから
良い作品が生まれるのです。

そのため、まず色々な職業に進めるチャンスが
あるのであれば、一般の企業に進み、
様々な経験を積むことです。

人生に絶対の正解はありません。
「毎日やれる事をやる。」
これが重要なのです。
頭で考えてばっかりでは何も起こりません。
知識や気力というのは後からついてくるものです。
あなたに重要なのは実行力
毎日を一生懸命生きていれば
必ず道ができてきます。

別にこの業界に入るなと
言っている訳ではありません。
この背景という特殊な職業は
潰しがききにくいのです。
学生や同僚でもその点で苦労している人を
見てきたので、色々な知識を得た後に
業界に入るのが自分では正解だと思っています。

世の中には沢山の職種があります。
金融/情報処理/営業と
あなたが世の中で発揮できる
能力は必ずあります。

それさえも分からないという人は
勉強不足です。
一時的な感情だけで、この業界に進むのは
お勧めしません。

ただし、それでも
この業界に進みたいという決心があれば、
進むべきでしょう。

自分も何か協力できる事があるなら、
お手伝いしたいと思います。

 TOPPAGEIndex TOPPageTop