考え方の流れの事

物事を考え目的地までたどり着く
過程を川の流れになぞると、
曲がりくねったり
細くなったりで思ったように
進まない事もある。

重要なのが思ったように
流れが進まない時にどう解決するかです。
ほとんどの人が目の前に大きな岩があったら、
あきらめる。

だがその障害こそ
一つの振い落しで、
9割方の人がそこであきらめる。

残り一割の人は
チャレンジャーとして、岩の対処をする。
岩をどかす。
破壊する。
それでもだめだったら
岩を溶かす。

どんな方法でもいい。
そのやり方こそ
自身の経験になる。
少しの障害は自身の血になる。

例えばこの意見に反し
みんなと同じ簡単な道を選ぶとしよう。
みんながいなくなったり、
みんなが間違ったらどうする?

誰でもいつかはチャレンジしなければならない。
判断を下さねばならない事がでる。
もしも一生チャレンジしなくてもよい人生を送ったとしよう。
その人は一生チャレンジする事に対して、
恐怖を感じながら生きることになってしまう。

otokoga130528.jpg

 TOPPAGEIndex TOPPageTop