内容共有の仕方

組織で上手く話がまとまらないときは、
話し合いで解決方法を見いだすのではなく、
同じ行動をすることが解決の糸口となります。


だから組織においてメールや書面以上に
温度や空気感の共有できる
会議での話し合いの場を作りだすが、
それでも共有できず、進捗滞る場合には
同じ時間を行動し共有することで互いの理解が深まる。

相手に対してわかっているか確認している時点で
互いの共有には相互がある。

otokoga130525.jpg

 TOPPAGEIndex TOPPageTop