部下に対しての対応方法

もし部下から不満が出た場合は

とりあえず相手に耳を傾ける事が重要です。

 

互いにやることをちゃんとやっていれば、

ほとんどの場合、「視点の違い」からすれ違いが生じます。

その視点を合わすようにします。

 

ただし部下の言い分が正しければ受け入れる

心の広さを持たねばならないし、

逆に上にたつものとして、

伝え切れてない軸があれば、

しっかりとそれについて

話し合わなければいけません。


そして良し悪しは時間が

経てば必ず結果がでます。

結果は都度変わるし、

思うような結果はそう簡単にはでません。

何が重要かというと、

その途中「どんだけ楽しい思いができたか。」

一見退屈に見える業務でも、

視点の違いだけで

素晴らしく感じられるようになります。


それが「キャパが広い」ということに繋がります。

 TOPPAGEIndex TOPPageTop