理想の形

これから計画を立てる際

まず「現実」を見てしまう人がいる。

だがこれからの計画を立てる時は

まず「理想」から入るべきだ。

 

こうしたい、こうなりたい

そこから話を進めないと、どんどん

目標が狭まってしまう。

無理そうな目標の方がいい。

だってそれに向かって背伸びができるから。

 

私の住んでいる神奈川は坂が多いらしい。

他県から来る人は結構びっくりする。

自分は当たり前の坂でも他者からみたら急坂です。

それを毎日登り下りしている。

 

どんなに「高い山」や「無理そうな仕事」でも

頂上に行くには一歩一歩足を進めるしかない。

もしくは裏技でヘリコプターを使う方法もある。

高い山を登るには「実行力」そして、

たまにつまずいたとしても「前を向いて突き進む決断力」が必要です。

 

結果というのは誰も予想できません。

途中熊に食い殺されてしまうかもしれないし、

もしかしたら山小屋の娘とできちゃって、

一生そこで暮らす事になるかもしれない。

 

何故動かなきゃいけないか、

成長していかなきゃいけないか。

それは自分自身が不安にならない為です。

出来る限りの事を日々全力でやりきれば、

自分自身納得ができる。

不安になるのは将来自分はどうなるんだろうとか、

他者と上手くやっていけるだろうかとか、そんな類が多い。

 

日々エネルギッシュに生きそして、

年を重ねていけば、みんな魅力的な人間になれる。

「理想の形」は勇気をもって一歩進んだ者だけが手に入れられる。

 

結果どうなるかは分からないが、

思考の変化によって「理想の形」も変化する。

あせらないで一日一日自分に負荷という名の

希望を持っていきましょう!

 

 

 TOPPAGEIndex TOPPageTop