PC修理2

さてさて、何も手を入れられてないPCは
はケースに軽くヒビが入った状態で戻ってきた。
業者とはこれ以上関わるのも嫌なので
PCを何とかせねばならなくなった。

PCをどうするかが問題
対処としては2つ
①新品を購入する
②自分で修理する
の2つ。

fan.jpg

さてさて、何も手を入れられてないPCは
はケースに軽くヒビが入った状態で戻ってきた。
業者とはこれ以上関わるのも嫌なので
PCを何とかせねばならなくなった。

PCをどうするかが問題
対処としては2つ
①新品を購入する
②自分で修理する
の2つ。

手っ取り早いのは①だが
こういう問題が出るのも
知らない事を知るチャンスだと思い。
②を選択することにした。

基本パーツ類などはよくわからず
今までやったことがある部品交換といえば
メモリー増量とHDの付けの単純作業だけである。

電源ユニットはコードが絡まって面倒だし、
CPUファンも空気の流れなど意識して
つけなければならないので
今までやったことがなかった。
とりあえずワクワクしながら修理開始。

まずはパーツの購入をする必要がある。
手っ取り早いのはネットでの購入だが
どの規格とサイズがあるのかまったくわからない為、
とりあえず近くにあるPCショップに行き
CPUファンと電源ユニットをPCからはずした状態で
お店に持っていった。

最初に声かけた若い娘は
何にもできなかったが、詳しそうな店員が
とても親切に教えてくれた。

店員のスキルにもよるが、
自転車やPCなど便利だが経験の必要な商品は
絶対路面店で買ったほうがいい。
ネットでの購入は便利だが、
直接お店で接客受けながら購入すると
価格ではない「本当の満足感を味わえる。」

自分も本やテキストを販売しているが
適当な情報チェックぐらいで見るならともかく、
本当に学びたいなら本やテキストで済ますのではなく
直接話を聞くのが一番いい。

さて、そんなことよりPCの方だが
ファンと電源ユニットを無事交換し、
一発で起動した。
ファンの取り付けは自体は簡単だったが
電源ユニットは配線するのが面倒だった。
実際やってみると、そんな難しいこともなく、
なるべくごちゃごちゃしないよう配線し、
似たようなソケットにケーブルをさすだけだで
さほど難しい作業ではなかった。

 

fan.jpg

 TOPPAGEIndex TOPPageTop