絵を描くことが好きなら描けばいい

小中学生向けの話になります。

義務教育中は絵の
上手い下手は意識しないでいいと思います。
まずは「デッサン」っていうのは
お決まりの言葉ですが、
小中学生は落書きを楽しんでるのが一番いい。

なぜならそこに自分の本当のスタイル
眠っていることが多い。

しいて言うなら
小中学生ならとにかく好きな絵を
沢山書くことが良いと思います。


先日出版された書籍でも記述させてもらいました事ですが、
絵を描くってことは見た物をスケッチし、
デッサンすることも大切ですが、
その他の練習方法としては
頭の中の想像した物を実際紙に
起こしてみる練習をするとよい

ただしこの練習をおこなう際注意すべき点が
一点あります。

最初は簡単な図形でも良いし
幾何学模様でもかまわない。
「想像」→「描画」
これに慣れると想像力のキャパが広がります。
またそれを描くことで鉛筆のタッチが柔らかくなる。

想像力の器を広げる事と
タッチの柔軟性を持たせる必要性は
これは講師をやっていた時に
つくづく感じました。
これはやればやるだけ力になります。

取り合えず一本線から描き始めましょう!!

 TOPPAGEIndex TOPPageTop