背景会社に入社する為には?

●実際に業界に入る為の近道
今まで絵を描いた経験のほとんど無い方は色々勉強になるので学校にいくことをオススメします。
しかし、ただお金を払って入学すれば絶対に入社できるはずもないので、最終的には「自分で作品を描いて努力する必要があります。」
絵を描く力というのは、その人の「観察力(着眼点)」「努力(忍耐力)次第」というところがありますから、
もしあなたが、すでに作品を描いていて思うように描けないなら、どちらかが欠けている可能性が高いです。
結局業界で働きたいと思っている人は「自分で作品を描く」しかないのです。

学校へ行く一番のネックは最低でも数十万~数百万の大変な「費用」がかかります。
他にも「描ける人かけない人がいっしょなので授業のペースが合わない」「講師によって授業の質が変わる」「就職活動に制限が加わる」
という点としてあげられます。
最も気になる就職にかんしても、最近コミュニケーションの取れない学生が増えている為、
会社側からの要請で先生が連絡をとるよりも生徒からの連絡をさせているところもあります。
たとえばあなたが行きたい会社が2つあったとしても、他の学生が受験できなくなる為
複数受験することができなかったりする学校もあります。
学校の利点として最低限の知識を知っておいた方が良かったりするし、友人もできるので、行きたければ行けばいいでしょう。


背景で就職するためには、「大学」・「専門学校」・「自力で何とかする」の3パターンがあります。
まず学校に行くですが、上で述べた通りです。行きたい人は行きましょう。
あとは自力で何とかするですが、自分一人の力で何とかするのはなかなか厳しいです。
「描いた絵のどこが良いのか悪いのか分かりません。」
人に聞けば1分で済む事を1ヶ月悩んだり、あげくの果て諦めてしまう人もいるのです。

ではどうしたら良いんだ?
重要な3つのポイントは
・絵を自分のペースで描けること
・なるべくお金をかけずに背景画の描き方を知る方法
・分からない事があったら気軽に聞ける事が出来る事

textcut01.jpg

そんな都合の良い物は今まで無かったのですが、今まで背景マンと背景講師をやってきた経験を生かして作らせてもらったのが、
この「背景美術を描く為のテキスト」になります。

今回販売するテキストは一般に書店で売られているテキストとの大きな違いがあります。
それは自分で実習して描いた絵を「添削チェック」を受ける事ができるのです。
絵を一番上手く描く方法は、「実際に描き、様々な人に絵を見てもらい、意見を聞く事」にあります。
個人で描いているだけでは、なかなか進歩が分かりにくいものです。
また今現場で仕事をしている人に直接聞くよりも、実際に講師として何人もの学生を現場で活躍させている経験
を持つ人間にチェックを受けた方が効率的な指示を受けることが出来るのもしっています。
なぜなら現場に入ると会社の癖があるので自己流のみでやるのは、かなり無理があります。
描画力向上に大切なのはポイントを絞ったテキスト指導です。
だらだらと文章の長いテキストとは違い講師をやっていた経験をを生かして制作してますから絵の描ける人が描いている本とは違います。
自分で描いてみて分からない点がでてくるでしょうから安心感が断然違うのです。

優秀な人材はどの会社でも欲しいものです。
これから学校で絵を学ぼうとしている人も実際学校に行ってからでは、子供の頃から絵を描いていた人との差は
「タッチ」や「想像力」等の点で大きく差があるのが実際です。
「これから学校へ入学を考えている方」もしくは「お金が無いから学校に行く事が出来ない方」そして「背景美術を趣味で学びたい方」
どのような方でも背景画の描き方を知る事ができます。

 TOPPAGEIndex TOPPageTop